専任コンシェルジュについて

お相手紹介からお見合いの日程調整・お引き合わせまで、リザライでは専任のコンシェルジュが付いてサポートします

コンシェルジュ:田岡

結婚相談所のアドバイザーを経て、現在はリザライのコンシェルジュとして入会のご案内や会員様のからのご相談・お相手のご紹介、お引き合わせ等を行っています。

お客様から「あなたのセクシュアリティは?」とよくご質問いただくのですが、私のセクシュアリティはストレートです。

ではなぜ、
「この仕事をしているの?」
「偏見はないの?」
とも、よく聞かれます。

偏見は初めからありませんが、無いことを説明するのは難しいことだと、お客様と接しながら感じています。
もともと人を幸せにする仕事に携わりたいという思いで結婚相談所のアドバイザーという仕事を選びましたが、今もその志に変わりはないので、「人を幸せにする」という目標上に異性を愛する方・同性を愛する方の線引きはありません。

出会いのサポートは経験あるとはいえ、男性同士のマッチングなど正直はじめは手探りでしたので、同性のお相手を紹介するうえで大切にしなければいけないことは何か、できる限り、時間の許される範囲で、沢山のお客様からお話を聞かせていただきました。

リザライをスタートした頃の私を振り返ると、とてもとても頼り甲斐がなかったと思います。
専門用語やLGBTの方への接し方のほとんどを初期の会員様に教えていただきました。

快く質問に答えてくれて、私を育ててくださった会員様には、心から感謝しています。
インターネットの掲示板やアプリなどの出会いが今は主流のようですが、LGBTの方、皆様がそういった簡易なサービスを利用できるわけではありません。

「会社や身内にセクシュアリティが知られたら…」
というご不安もあり、利用できないという方も多いのではないでしょうか。

リザライでも、セクシュアリティをオープンにして生活している方はもちろん在籍されていますがどちらかと言うと、周囲に内緒で打ち明けられないでいる方のほうが多くいらっしゃいます。

ある会員様のお話ですが…
30数年間、ご自身のセクシュアリティを誰にも言えず、お一人でお悩みになっていた方が、リザライにご来店されました。
ドアを開けた時の、何とも言えない不安気な表情が鮮明に記憶に残っています。

ご入会後、お見合いを重ねるなかで気になる方と出会い、その方と交際に進んでいったのですが、会員様にとっては全てが初めての経験でしたので、その都度ご報告やご相談をいただきながら慎重にサポートをいたしました。

今日のデートはどうだったかな…
週末に告白すると言っていたけど…上手くいったかな…
毎回ハラハラドキドキを私も体験させていただきましたが、お相手とご一緒に最後にご挨拶に来ていただいたときには、初めて来店されたときとは別人のような、明るくて幸せそうな表情。

そのお顔を見て、誰よりも先に私が泣きました。
人を幸せにする仕事!と誇りを持っていましたが、幸せをもらっているのは私のほうかもしれません。

もしこれを読んでくださっている方のなかで現在もセクシャリティのことで、たった一人で闘っている方がいらっしゃるのであれば・・・
どうぞ一歩を踏み出してみてください。

パートナーという存在ができるだけで、当たり前のように過ごしてきた日常が変わってきます。
それを体感していただきたいです。

サービスのご紹介
  • リザライ・新宿店
  • スタッフブログ

安心のセキュリティ証明として
リザライはSSL取得済みです。

WEBコミックに登場

ぼくのはじめてゲイ婚活

KADOKAWAのWEBマガジン「COMICフルール」にて掲載中のマンガの1つ「ぼくのはじめてゲイ婚活」にてリザライとコンシェルジュ田岡が登場しております。
リザライで出会って卒業した方々も成婚インタビューに登場していますので、ぜひこの機会にお読みください。
COMICフルールフルール
 「ぼくのはじめてゲイ婚活」


Page Top