バイセクシュアルの特徴とは?
ゲイ婚活でバイと交際する上での注意点

  • 2022.10.07

恋愛・結婚

男性が男性に恋心を寄せているからといって必ずしもゲイとは限りません。
言わずもがな様々なセクシュアリティがある為、安易に「この人はゲイなんだ」と判断するのは禁物です。

今回はゲイ婚活を通してバイ男性とお付き合いすることを想定したコラムになります。ゲイとバイセクシュアル、似ているようで全く恋愛スタンスが違うこと、それを理解することから始めましょう。

ゲイが勘違いしがちなバイセクシュアルのリアル

バイセクシュアルについて誤解をしているゲイ男性は非常に多くいます。
LGBTQなどに代表されるセクシュアリティを正しく理解することは困難ですが、社会的にも認知度が高いと思われるバイセクシュアルについても固定概念だけで判断してしまいがち。

ゲイ男性とバイセクシュアル男性が出会うことは少なくありません。
ゲイ男性の婚活が普及してきた昨今、より相手男性のセクシュアリティを正しく理解し、意識することが望まれます。

今回のコラムではバイセクシュアルの定義の見直しから入り、ゲイ男性が陥りがちな誤解について検証していくので、ぜひ最後まで読んでみてください。

ゲイとバイセクシュアルの違い

ここではまず導入部分としてゲイとバイセクシュアルの相違点について解説していきます。 皆さん当たり前に聞いたことがある言葉だと思いますが、バイセクシュアルという世界観、セクシュアリティは思った以上にディープ。

単にゲイの一種だろうと一括りにせずに、相互理解をしていくことが交際のキーポイントになってきます。

バイ男性の定義を振り返ろう

今更と思われるかもしれませんが、誤解のないようにここではまずバイ男性と呼ばれる人々について紐解いていきたいと思います。

LGBTQの「B」に当たるバイセクシュアルは、簡潔に説明すれば「男女両性に性的指向が向いている人々」のことを指します。日本語では「両性愛」とも言いますが、バイ男性(女性)またはバイセクシュアルといった言葉の方がより社会に馴染んでいますね。

注意しなければならない点は、バイセクシュアルは男女両性に恋愛的、性的に魅力を感じるものの、本人の性自認を問わないという点です。

ゲイ男性の場合は基本的に身体の性と心の性が一致している性自認ですが、バイセクシュアルの場合は本人の心と身体の性自認が一致するとは限りません。

なおバイセクシュアルと混同されがちなのが、下記の2つの用語です。

バイキュリアス

男女両性に興味があるのかもと疑問に思っている人のことを指します。

バイロマンティック

男女両性に「恋愛感情」を持つ人々のことです。
ただしそこには性的な関係は持ち込まれません。

異なるセクシュアリティだからこそ相互理解が必要

ゲイとバイセクシュアルにおいて「同性である男性を好きになる」点は確かに同じかもしれません。しかしながら性自認、性指向の差異による恋愛スタンスや将来設計、交友関係では様々な違いが見られます。

ゲイ同士の恋愛で見られる方程式では答えが導き出せないような価値観の違いで悩む当事者は少なくありません。

セクシュアリティをパズルのピースとしてガチガチにカテゴライズする必要はないですが、まずは固定概念を捨て去り相手を尊重できる柔軟性を持つことが大切です。

ゲイ男性の自滅組多し!バイ男性に対する誤解を紐解こう

ゲイ&バイセクシュアル男性のカップル、聞いたことがあるようであまりピンと来ない組み合わせ。ゲイ同士の恋愛とは何が違うのでしょうか。

ここではゲイ男性が陥りがちなポイントを整理していくので、こちらも是非参考にしてみてください。

公表するとは限らないバイという性自認

バイセクシュアル男性もゲイと同じく、その性指向をオープンにしている訳ではありません。既婚ゲイ」なんて言葉も聞く通り、自身の本当の性自認に蓋をしている男性も多くいます。

まだまだバイセクシュアル男性に対しての理解が足りなかったり、偏見が根付いている社会であったりするため、自身の性自認を公表するとは限らず、ふとしたきっかけで、相手がゲイではないと知ったという男性も少なくありません。

男性に性的魅力を感じる男性をイコールゲイと判断するのではなく、バイセクシュアル、パンセクシュアルまたはポリセクシュアルなど様々な性自認の可能性があることを忘れないでください。

バイセクシュアルとの恋愛で大切なこと

同じ土俵のゲイカテゴリーに収まったとしても、二人の関係を円滑に継続させることは容易なことではありません。

コーディネーターを通し第三者が介入する婚活は「真剣な恋愛」を基礎にしている為、身体から入ってしまうような出会いよりも、自然で長期に渡る関係性が期待できるかもしれません。

しかし似て非なるゲイとバイセクシュアル、やはり互いの性自認をより意識した恋愛関係が望まれます。その理由として考えられるのが、バイセクシュアルの男性はゲイではなくあくまで別の恋愛脳を持っているということです。

ゲイという母集団の中にバイセクシュアルがあるのではなく、あくまで別次元で彼らの生き方、恋愛スタンスを理解する必要があります。

彼らとの恋愛において最も大切になってくるのが以下の項目です。

被害妄想に支配されない

ゲイ男性はやはり女性的な指向、恋愛観を持ち合わせていることが多く、時に妄想に駆られることもあります。

特にバイセクシュアル男性がパートナーの場合は、交際相手が全くそんな気持ちを抱いていなくとも、「他に女がいるんじゃないの?」と勝手に被害妄想を抱いてしまう男性も少なくないようです。

イケメン男性を彼に持つ女性と同じ思考ですが、この考えだしたら止まらないネガティブマインドの嵐は、結局のところ相手をお門違いに責めるだけです。

バイというセクシュアリティを意識することも大切ですが、自分の気持ちをポジティブにコントロールしていきましょう。

相手の過去の恋愛や生き方を否定しない

時に不安に駆られると、バイセクシュアルのパートナーに対して、「女もいいよね」だとか「両刀使いは出会いが多くて羨ましい」など、ついつい自分を卑下して相手男性を傷付けてしまうことがあります。

少しの意地悪を含んだこれらの発言は相手の自尊心を傷付けるだけでなく、両者の間に大きな溝を生んでしまう場合があるので要注意です。

バイはゲイの一種ではない

これもよく聞く話ですが、バイセクシュアルは男女両方に性的魅力を感じるのではなく、あくまでどちらかの性(今回の場合は男性同士のゲイ)になびく為の過程であると誤認する場合もあります。

何度もしつこいかもしれませんが、ゲイとバイセクシュアルは同一なものではなく、あくまで別の性自認であり、あなたと交際しているからといって「ゲイとして生きる」ことを決めたわけではありません。

こうして言葉で連ねてみると当たり前のことに感じるでしょう。
しかし実際にバイセクシュアル男性と付き合ってみると、客観的な判断が鈍ることがあるので、ここで挙げたことは忘れずに頭の片隅に入れておいてください。

まとめ

何となくバイセクシュアルのことは理解しているつもりでもどこか色眼鏡で彼らのセクシュアリティを判断していたり、女性も恋愛対象になり得ることから嫉妬に苛まれたりするゲイ男性は多いと思います。

付き合ってみて初めて違和感や心配、不安を覚えることもあるでしょう。

セクシュアリティをカテゴライズすればいい訳ではありませんが、互いを尊重し、双方の価値観や生き方に理解を示すことは何よりも大切になってきます。

バイセクシュアルはこうあるべき、ゲイはこうだから、そんなルールはあってないようなものですので、まずはバイセクシュアルというセクシュアリティを正しく理解することから始めましょう。

このコラムが現在進行形で恋愛をしているゲイ&バイセクシュアル男性カップルにとって、有益になることを祈っています。

記事の関連タグ

リザライのコンシェルジュがYoutubeを始めました

リザライチャンネル
LGBTカップルを100組以上成立させた
伊原と山田の2人がお悩み相談や
対談・インタビューなどを発信する
リザライ公式YouTubeチャンネルです。

リザライのYouTubeチャンネルはこちら

リザライチャンネル・最新動画

シェアにご協力お願いします

この記事を書いた人

橋本ウサ太郎

橋本ウサ太郎
新宿二丁目の元バーマネジャー、海外放浪の末、年下スペイン人男性と同性婚。
スペインの田舎町で悶々とした日々を送りながら平和に暮らすゲイ。
アメリカでの代理母出産により二人パパになる予定の三十路ライター。
好きな言葉は、「ペンは剣よりも強し」。

この記事と類似テーマの記事

同性婚活スタート、親へのゲイカミングアウトはどうすべきか
ゲイとして生きるにあたり、いつもカミングアウトというデリケートな問題が心を揺さぶります。 カミングアウトをする時期は異なりますが、いわゆる『婚活』を始めたタイミングでゲイである自分 ...

ゲイの婚活適齢期はいつ?何歳から始めるべきなのか
「真剣に付き合える彼氏を探そう」そんな風に思う瞬間は不意に訪れるもの。 婚活の先に合法的な結婚制度というゴールはなくても、将来を見据えた彼氏探しをする方が急増しています。 今回のコ ...

パンセクシュアルとバイセクシュアルの違いから恋愛上の留意点まで
デリケートなセクシュアリティの問題、その細分化された定義には眩暈がしてくるほど。 実際当事者であっても理解できにくい性指向はあるはずです。 ここではしばしば耳にする聞くこともあるパ ...

ゲイ婚活前に性病検査はすべき?検査場所から検査を推奨する理由
ゲイ婚活前に性病検査をする方が増えてきています。 自分だけでなく、相手にとっての思いやりツールになっているのが、いわゆるブライダルチェックです。 今回は真剣にゲイの彼氏探しをする前 ...

ゲイ婚活がうまくいかない時にどう乗り越えていくかの方法について
悲しみをいかにバネにできるのか、人生の節目だけではく、あらゆる場面で私達を試してきます。 ゲイの婚活においてもいい感じだなと思っていたのに撃沈してしまった、そんな時にどう心を落ち着 ...


Page Top