サービスへの想い

ひとりでも多く、理想のパートナーと出会っていただく。そのためにリザライが一助になれれば幸いです。

同性愛者の方とお話しをすると多くの方が「出会う機会が少ない」と口にされます。
実際、男女間の出会いであれば、知人からの紹介や職場での出会い、合コンや婚活、各種パーティーなど出会いの機会というのは色々な形や用途に応じて存在していますし、多数用意されています。

一方、同性愛者の方の場合、そもそもカミングアウトしているのかしていないのかでも変わってきます。また、仮にカミングアウトをしていたとしても、紹介してもらったり、職場で出会ったり、というのは困難を極めます。

また、企業のサービスを利用しようにも、多くはインターネット完結型であり、場の提供だけで後は自己責任、といったようなサービスが多く、結婚相談所やお見合いといった真面目な出会いを紹介してくれるサービスはありません。

健全で真面目な出会いをLGBTの皆さまにも提供したい

既存のサービスで同性愛者の方が満足いく出会いを得られていれば問題はありません。
しかし、現状では男女間の出会いと同じとまではいかなくとも、それに準ずるほどの高い品質や安全性を持ったパートナー紹介サービスは皆無に等しいと私たちは考えます。

そのためリザライでは、将来を見据えてしっかりとおつき合いをしていくパートナーを探すために真面目な出会いを求めている同性愛者の方々をサポートしたいという思い、でサービスを立ち上げました。

リザライは、インターネット上での自由なやりとりを促すサービスではありません。
しっかりと人が介在し、会員様の人となりや性格、フィーリング、感性などを知ったうえで、相性が良いと思われるお相手を選んでご紹介しています。

また、しっかりと本人確認や意思確認をおこなうため、新宿に面会スペースを設け、お会いしてお話をお伺いしてからご入会いただくサービスになっております。

真面目な出会いを求める同性愛者の方々が、ひとりでも多く、「出会えて良かった」と思っていただけるように、リザライがお手伝いをいたします。

リザライの代表から皆様への挨拶とメッセージ

2015年に渋谷区が日本初の同性パートナーシップ条例を施行し、世田谷区でも同性カップルからのパートナーシップ宣誓書に対して受領書を発行するという「パートナーシップの宣誓の取扱いに関する要綱」の運用が始まりました。

全国的には三重県の伊賀市、兵庫県の宝塚市、沖縄県の那覇市がそれに続いています。

国会では首相がLGBTに関する法整備を2020年までに進めることを明言しており、大手の生命保険会社でも同性のパートナーを保険金の受取人に指定できる制度がスタートいたしました。

しかしながらまだまだLGBTの人々が満足して暮らせる社会には程遠いというのが現状です。 出会いの機会が少ないというのもその一つではないでしょうか。

LGBT(セクシュアルマイノリティ)の割合は日本の人口の7~8%だといわれております。
つまり、AB型や左利きの人と同じくらい身近な存在なのです。

にも関わらず、異性間での出会いのサービスに比べてLGBTの人々が利用できるものはごくわずか。 ほとんどがインターネットを使ったサービスです。

「顔の見えないサービス」であるインターネットでの出会いはサクラや業者が多く、また、個人情報の漏えい等、様々なトラブルに巻き込まれる例も少なくないようです。

そこで、LGBTの方々がもっと安心してパートナーを見つけることができる異性間の「結婚相談所」のようなサービスができないかと考えました。
それはつまり、担当者がお相手探しをしっかりサポートするというサービスです。

「LGBTの方が自分らしく生き生きと生活していける未来のために」という理念のもと、リザライでは、LGBTの方々の出会いをサポートしてまいります。

社名の「リザライ」は「RES+ALLY」。
この名前には、「私たちはあなたを尊重します(We respect you.)」、「私たちはALLYです(We’re “ALLY”.)」という、私たちの想いがこめられています。

代表取締役 飛田要一

サービスへの想い
  • リザライ・新宿店
  • スタッフブログ

安心のセキュリティ証明として
リザライはSSL取得済みです。

WEBコミックに登場

ぼくのはじめてゲイ婚活

KADOKAWAのWEBマガジン「COMICフルール」にて掲載中のマンガの1つ「ぼくのはじめてゲイ婚活」にてリザライとコンシェルジュ田岡が登場しております。
リザライで出会って卒業した方々も成婚インタビューに登場していますので、ぜひこの機会にお読みください。
COMICフルールフルール
 「ぼくのはじめてゲイ婚活」


Page Top