リザライでカップルになられた成婚ストーリー

リザライのお相手紹介で見事カップルになられた、「鈴木様」と「高橋様」に成功の秘訣などをお聞きしました

おめでとうございます。鈴木様・高橋様

リザライに入会したきっかけ

山浦

リザライを選んでいただいた理由をお聞かせいただけますか。

鈴木様

僕はこれまで全くと言っていいほど、恋人探しをしてこなかったんです。
顔出しをしなくてはならないアプリには抵抗があって、他に何かないかとネットで探していました。
そのなかでリザライを見つけて、意を決してご連絡させていただいたという感じです。

山浦

けっこう長く迷われていたとお聞きしていましたから、ご連絡いただけて良かったです。
高橋さんはいかがですか?

高橋様

僕は逆にアプリをやっていて、真面目な感じのものが少ないなと感じたのでリザライに来てみました。

お互いの印象

山浦

お互いの第一印象はどうでしたか?

鈴木様

入会して間もなく、まだ来店するたびにドギマギしていた頃だったんですが、同じように彼もドギマギして座っているのを見て、安心したのを覚えています。

山浦

緊張しているのは一緒だとわかって、逆に安心したんですね。
高橋さんにもそれはわかりましたか?

高橋様

わかりました。すごく伝わってきました。
それに、スーツを着ていたからか、すごく真面目そうだなと思いましたね。

鈴木様

僕もそう感じました。 あと、笑顔が素敵だなと。

高橋様

そんなこというの?(照)

山浦

私もお二人とも笑顔が素敵だと思っていました。

交際にいたるまでの流れ

山浦

お見合いの後はどうされたんですか?

高橋様

午後から仕事だったので、軽めのご飯に行きました。

鈴木様

そのときに僕のほうから連絡先を聞いたんです。
それからちょっとずつ連絡を取り合いながらスケジュールを聞いて、年始に会おうということになりました。

山浦

どちらから会おうと言われたんですか?

高橋様

どちらからだったかな?
でも、ご飯を食べたときに「飲みに行きましょう」というお話をしていたんです。
なので、連絡を取り合っているときにはもう日程決めの話になっていました。

山浦

お見合いの日からトントン拍子だったんですね。
今日までに何回会われているんですか?

鈴木様

何回だろう?彼が忙しいので、隙間の時間にちょいちょい会っているんです。
疲れているときもでも時間を作ってくれるのが嬉しかったですね。

高橋様

彼が合わせてくれたから会えたんです。

山浦

忙しいから会えないではなく、時間を作ることが大事ですよね。

高橋様

大事です。時間は作れる!

交際期間中の印象に残ったエピソード

山浦

何回か会われているなかで、思い出に残っているエピソードはありますか?

鈴木様

僕はありますね。手を繋いで映画を観たとき。
彼への意識が一段階変化しました。

山浦

それはすごいエピソード!
どちらから手を繋がれたんですか?

高橋様

僕です。完全に僕でしたね。
お酒を飲みに行った後に、映画でも観に行く?という話になって。急に決まったので、二人で映画を観ることに緊張していたんです。
どうしようと考えましたが、映画は手を繋ぐものかなと思って、パッと勢いで繋ぎました。

鈴木様

少し酔っ払ってたしね。

山浦

酔っ払うくらいお二人の時間が楽しかったんでしょうね。
そして手を繋ぎたいくらい、もう好きだったんですね。

高橋様

ですかね(照)。

山浦

映画の内容は覚えていますか?

鈴木様

あんまり覚えてないんですよ。
酔っ払っていたのと、手を繋がれてドキッとしたのとで、そっちのほうが気になっちゃって。

山浦

そうですよね!

お見合いから交際に発展させる秘訣

山浦

高橋さんが積極的だったことも良かったと思いますが、お見合いから付き合うことになるコツのようなものはありますか?
例えば〝とにかく時間を作る″ということだとか。

高橋様

そうですね、あえて言えばそれだと思います。
けっこう短いスパンで会っていたので。

鈴木様

彼がお客さんと茨城までゴルフに行った次の日の早朝、そうとう疲れていたと思うんですけど「迎えに行くよ」と言ってくれて会うことができたんです。びっくりしたけど嬉しかったですね。

山浦

すごい!そういうのが苦にならないほうですか?
でもやっぱり鈴木さんのためだからできるというのが大きいでしょうね。

高橋様

あまり苦じゃないほうですが、彼のためにというのもありましたね。

鈴木様

僕も、作ろうと思えば時間は作れるんだと思いましたね。
不規則な勤務体系なので、仕事が終わって朝方帰ってくると休んでいたいと思っていたんですが…今は違う。

高橋様

彼も時間を空けてくれていましたね、僕のために。

鈴木様

寝るより会いたいという思いのほうが強かったので。

活動中の悩み

山浦

本当に幸せなお二人ですが、活動中のお悩みはありませんでしたか?

高橋様

ここ(リザライ)に来るまでの緊張感。毎回すごく緊張していました。

鈴木様

僕も同じですね。
こういう活動は初めてでしたし、初対面の人に会うのはやっぱり緊張しました。

山浦

毎月知らない方に会ってお話をするというのはあまりないですもんね。
他の会員様からもそのお悩みはよく聞きます。皆さん同じですね。

リザライを利用する良さ

山浦

リザライを利用して良かった点はありますか?

鈴木様

個人情報をちゃんと守ってくれることに安心感がありましたね。

高橋様

仕事柄、重要だよね。
僕はアプリをやっていたときに、会ってみて〝違った″と思っても、相手からずっと連絡が来て困ったことがありました。
ここではお見合いの後の返事を個別でスタッフさんが聞いてくれるので、〝違った″ときに、きちんと対応してもらえるのが良かったです。

山浦

自分でコンタクトを取ると、〝違った″場合にその後どうしようかなという心配はありますよね。
私たちがいて良かったんですね。

高橋様 鈴木様

もちろん、いてもらえてよかったです(笑)。ありがとうございました。

高橋様

逆に聞いてもいいですか?
どうして僕たちを会わせようと思ったんですか?

山浦

ご入会のときにお二人とも私が担当させていただいたんですが、マッチングはスタッフ全員でやっています。
全員がお二人に対して“すごく人間ができた方″という印象を持っていたので、鈴木さんのお相手を考えたときに高橋さんがすぐに思い浮かびましたし、逆も同じでした。

高橋様

そう言われると照れますね。

山浦

お二人は似ている部分があると感じましたので、フィーリングが合うのではないかなと。

鈴木様

世代は違うのにね。

山浦

世代が違うと話が合わないのではという会員様もいらっしゃいますけど、高橋さんはお若くてもお気遣いがあってしっかりされているので、世代の違いは関係ないかもしれませんね。

高橋様

いやいや、そんなことないです。中学生みたいな話もよくしているので。。

鈴木様

この部屋に入る前に、エレベーターの中でしてたよね。

山浦

生真面目なだけでなく、そういう会話も楽しめるところもお二人は合っているんですね。

鈴木様

一緒にいるとまるで修学旅行みたいで楽しいです。
今日もこちらへ来る前に休みを取って、熱海の先のほうの温泉に行ってきたんです。

山浦

その帰りだからさらに楽しそうなんですね。お相手ができるとイベントが増えますよね。
お二人を見ていると本当に楽しそうなので、会員の皆様に頑張りましょうとお伝えしていきたいです。

会員へのメッセージ

山浦

卒業される先輩として、会員の皆様に一言お願いします。

鈴木様

僕たちのようなセクシュアルマイノリティの人間にとっては、こんな風にしっかりと話を聞いていただけるところはなかなかないと思うんです。
タイミングもあると思うので、悩みがあればコンシェルジュの方に相談しながら、諦めず前向きに続けていればきっといつかはフィーリングの合う人と出会えると思います。

高橋様

僕も、悩みを話す場ってあまりないと思うので、コンシェルジュの方に共有してもらいながら活動をしていくのが良いのかなと思います。
僕自身はあまり伝えてこなかったけど、それでもわかってもらえていたのでありがたかったです。

山浦

悩んでいるようだと思ったらお声がけしているんですが、高橋さんはご自身で頑張っておられる感じでしたし、いつも明るいご様子でしたので、他愛のないお話をしながら見守らせていただきました。

高橋様

すごく楽しくお話をさせていただいた覚えがあります。
それで緊張がほぐれたこともありました。

これから会員になる方へのメッセージ

山浦

リザライへの入会を迷われている方にもメッセージをお願いします。

鈴木様

一度来店してコンシェルジュの方から話を聞いてみて、自分で判断するのが良いと思います。
勇気を出して、まずリザライへ電話してみてほしいですね。

高橋様

〝真面目な出会い″というのは、普通の生活をしていたらなかなか難しいと思います。
リザライではコンシェルジュの方がそれぞれを見たうえで、合うと思った二人を引き合わせてくれる。
アプリをやっていたからこそ、そういうしっかりとした出会いを実感できるのはここしかないと思いました。

山浦

ありがとうございます。
まだまだリザライの存在を知らない方も多いので、お二人に見つけていただいて、この出会いを提供できて本当に良かったです。

鈴木様

僕からしたら、存在してくれてありがとうです。
リザライがなければ高橋くんとも会えなかったので。

山浦

高橋さんは最初に来ていただいたときに「仲間と会う場所に連れていけるような人と出会いたい」とおっしゃっていたので、そこがポイントだなと思い、連れて行けそうな方を選んだつもりなんです。

高橋様

連れて行きます!

山浦

良かった!
ぜひこれからもお二人仲良く、お幸せに。
皆さんの背中を押してもらえるようなコメントをいただけたので、私たちもこれからより一層頑張ります。
本当にありがとうございました!

会員様の紹介
  • リザライ・新宿店
  • スタッフブログ

安心のセキュリティ証明として
リザライはSSL取得済みです。

WEBコミックに登場

ぼくのはじめてゲイ婚活

KADOKAWAのWEBマガジン「COMICフルール」にて掲載中のマンガの1つ「ぼくのはじめてゲイ婚活」にてリザライとコンシェルジュが登場しております。
リザライで出会って卒業した方々も成婚インタビューに登場していますので、ぜひこの機会にお読みください。
COMICフルールフルール
 「ぼくのはじめてゲイ婚活」


Page Top